株式会社ヒロシマ・コープ
 
Googleサイト内検索
日本自動化開発株式会社
沿革 | 株式会社 ヒロシマ・コープ

事業の沿革

 昭和41年11月広島県果実農業協同組合連合会は、
国内外柑橘情勢に対処するため冷凍みかん加工販売を目的とし、冷凍工場を建設した。

 昭和47年工場施設の高度利用と農林水産加工の効率的運用を図るため、
県内農業資本で構成運営されていた広島県果実農業協同組合連合会(冷食・缶詰)、
向島農村工業株式会社(缶詰・果汁)、
広島県果汁農業協同組合(果汁)を統合し、
広島県経済農業協同組合連合会、広島県信用農業協同組合連合会の資本参加により発足した。
昭和47年 8月資本金1億円で発足
昭和47年10月操業開始
昭和49年11月果汁工場 製品倉庫新設
昭和50年 5月向島工場生産設備本社工場に移設
昭和50年11月資本金2億円に増資
雪印乳業(株)とのハンバーグ事業始動
果汁を生産者に還元(愛飲運動)スタート
昭和53年 4月果汁工場濃縮・搾汁粕脱水設備増設
昭和54年 6月レトルトライン生産能力アップ工事
さのう設備増設
昭和55年 4月搾汁粕脱水液濃縮設備増設
レトルトラインに自動空缶供給装置設置
昭和56年11月果実加工高度化施設整備事業
昭和58年 5月MCC食品(株)提携し調理缶詰事業開始
昭和59年 5月レトルトライン生産能力アップ工事
レトルトライン充填機増設
昭和60年 5月日本サンガリア(株)と業務提携し小型瓶詰飲料事業開始
昭和61年 5月開発室設置
昭和62年 2月冷凍調理食品製造設備設置
平成 元年 4月L瓶詰飲料ラインに少人化装置設置
平成 2年 1月調理缶詰ラインにレトルト殺菌器増設
紙容器詰ライン移設
平成 2年10月果汁減酸苦味除去装置設置
平成 3年 7月レトルトラインお茶抽出設備増設
平成 3年12月ストレート果汁チルド充填設備設置
平成 4年12月ストレート果汁保管冷凍庫設置
平成 5年 7月紙容器詰ラインチルド容器対応工事
平成 8年 6月資材保管庫新設及び環境改善工事
平成 9年 4月ペット容器詰ライン新設
平成12年 3月新製品倉庫・防水壁工事
平成13年 5月HACCP対応環境向上工事
平成16年 8月ペット容器詰ラインHACCP承認(8月9日)
平成17年 3月MCC食品(株)調理缶詰事業廃止
平成17年12月資本金1千万円の増資
平成18年 3月資本金3千万円の増資
平成18年10月東京営業所開設
平成20年 3月製品倉庫売却
平成20年 6月紙パックライン休止
 
Copyright(C) 2010 Hiroshima-COOP Corporation All rights reserved.